Funeral

遺族側の負担

遺品整理がご遺族の心に負担となっていませんか。

Funeral

遺品整理をした事がある方なら、おわかりになると思いますが、 遺族個人で作業するには大変な労力が必要です。 個人の遺品はなにも相続価値や形見となるものだけではありません。 個人が日常慣れ親しんだ全てのものが、その遺品となるのです。 そして近年ではこうした遺族のニーズに答え、遺品整理を代行してくれる便利なサービスが登場しました。サービスを請け負う会社も多数あり、その金額もまちまちですが、 部屋の大きさで見積もった場合、ワンルーム2万円〜する事が出来、また故人の遺品に対するご供養も同時に行っている業者が殆どです。こちらは僧侶や神職を直接故人宅に招くもので、こちらは小さいものなら3000円からと、比較的リーズナブルになっています。

49日が終わってもまだ終わらない遺族の負担。

昔はこうした遺品整理を誰かに頼むと云った事が非常に少なく、 故人亡き後、遺族にとって遺品整理はとても大変なものでした。 しかも遺品と云うものはただの荷物ではありませんから、形見分けや相続価値のあるものを取り除いて終わりと云う訳にはいきません。 大きな物なら、故人の使用していたベッドから冷蔵庫等の電化製品、 小さな物なら、歯ブラシ一本まで全てが遺品であり、亡き者が使っていたと云うだけで、処分してしまうにはどこか後ろめたい気持ちさえあるのです。 しかし現在の遺品整理サービス業者なら、 このような遺品全てを迅速に分別、使えるもの、使えないもの、買い取れるものと分け、遺族の負担を軽くしてくれますので、高齢化が進み、遺族も高齢な事の多い日本において、必要不可欠な存在となるサービスだと言えるでしょう。