Funeral

供養と管理方法

永代供養の内容と利用方法について

Deceased

永代供養がいつ頃から始まったのか定かではないですが、江戸時代には既に永代供養台帳があったことから、歴史は古いと言えます。永代供養は、何らかの事情で墓参できない人に代わって供養する場合と、墓参する人がいなくなっても供養を続ける場合と二通りあります。結婚や就職などで故郷を離れ、先祖のお墓参りに行くことが難しい人は、永代供養を利用することで先祖への供養と感謝ができます。 また、高齢になった時に、独身であったり身寄りがない場合、自分や先祖の供養のために永代供養の利用することで供養の心配から解放されます。 尚、永代の意味は、未来永劫、永遠に供養するというのではなく、永代供養をお願いするときに決めた期限内での供養であり、一般的には30年から50年の間で年数を設定しています。

供養と管理方法について

永代供養は、個別のお墓にお参りして供養するのではなく、永代供養墓で供養します。永代供養墓は「えいたいくようばか」、或いは「えいたいくようぼ」と読みます。お墓には複数の遺骨を納骨しますので、合祀慕と言われることもあります。 永代供養に掛かる費用は、供養を希望する人の数や期間、お慕の使用期限や管理期間によって違ってきます。また、お寺によっても金額に違いがあります。10万円というのもありますし、100万円以上掛かるケースもあります。生前契約もできますので、金額や供養内容を確認のうえ契約してください。尚、戒名は別料金としているところが殆どですが、戒名がなくても俗名だけで受け付けてくれるところが多いです。税金に関しては、お墓には相続税や固定資産税は掛かりません。