Funeral

故人の遺品整理

Memorial

故人の遺品整理は、ある程度の時間と費用がかかります。遺品整理を専門としている業者に依頼すれば、迅速かつ確かな対応力で、丁寧に遺品の整理を行なってくれます。最近は業者の数も全国的に増えてきています。

Read More

葬儀にかかる費用問題

葬儀に掛かる費用を保険で賄う

Deceased

日本ではデフレ経済が続いた影響もあり冠婚葬祭にあまり費用を掛けなくなって来ています。一時期、結婚式もジミ婚と言われて派手な結婚式は敬遠されていた時がありました。葬儀についても豪勢にして故人の最後を送るという考え方は無くなって来ており、最近は家族とごくわずかな親族だけの葬儀が増えています。したがって葬儀に掛かる費用も最低限の費用で済ますケースが多くなっています。子供たちに迷惑を掛けたくないということで、生命保険で葬儀の費用を残すということにも気を配ることも大事なことです。老後は医療が中心で死亡保険はあまり必要がありません。葬儀費用だけでも賄うことが出来れば子供たちにとっては十分ではないかと思われます。

故人の送り方が多様化している

最近は本人の高齢化に加えて、少子化の影響もあり、従来と同じような葬儀を催しても参列者が少なくなることが予想されます。故人にとっては葬儀は最後の晴れ舞台と考えられなくもないのですが、それを華美にするということが最近では好まれなくなったようです。家族とごく親しい人たちとで静かに送るということが故人にとっても一番良いのではないかと考える人が増えています。本人も亡くなる前の意思としてそのことを表明するケースが増えています。最近は墓のことについても必要としないように散骨も望むケースがかなりの割合で見られるようになりました。先祖代々の墓を守るということも都市化の進んだ現在では難しくなっている家が多くなっています。

遺族側の負担

Funeral

遺品整理を遺族だけで行なうとなると、かなりの時間と労力が必要になります。大きな物もあれば、ごく小さな物もあります。これらの整理を迅速に整理してくれるのが、遺品整理の専門業者です。

Read More

供養と管理方法

Deceased

永代供養は、既に江戸時代にはあったと言われています。永代供養は、個別のお墓にお参りして供養するものではなく、永代供養墓として供養します。かかる費用は供養を希望する人の数で変わってきます。

Read More